「まとまりのない文章」、ここをチェックしてみよう!




ライティング講座の受講生さんが、課題を提出されるたびにこんな不安を口にされていました。

「まとまりのない文章のような気がするのですが…」

あなたも自分の書く文章が、まとまりがないと感じることはありますか?

◆まとまりのない文章かどうかを見分けるには?

文章が苦手、という方は、
「自分の書く文章はまとまりがないから分かりにくい。だから書くのは嫌なんだ」
とよく言われます。

自分の書く文章が「まとまりのない文章」になっているのではないか?
と思うときは、次の方法でチェックしてみてください。

「書いたものを、声に出して読む!」

まとまりのない文章は、以下のどれかに相当していることが非常に多いのです。

これらのどれかに当てはまっていることが、「声に出して読む」ことで気付きますよ。

 

① 1文節がやたらと長い。

② 読点「、」が多すぎる。もしくは、なさすぎる。

③ 尻切れトンボになっている。(結論がない)

④ 文末がほとんど同じ。

この4つ、気を付けていただければ、すごく分かりやすい文章になります。

 

では、次回からこの4つについて記事を分けて解説しますね。

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね ! しよう




ABOUTこの記事をかいた人

月野るな

View Cafe編集長の月野るなです。 くつろげるCafeのような空間を作り、そしてその空間で「欲しい情報」・「役に立つ情報」・「ネタになる情報」などを厳選し、安心して読んでいただける情報を提供していきます。