嫌われる文章…「偉い」と「偉そう」は別物です




「○○さんのブログって、読むと偉そうな感じがして嫌いなんです」

先日、ある女性がこんなことを言いました。

そこで、教えてもらったそのブログを見てみると……確かに高圧的でした。

それは「文体」のせい。

◆文体で偉そうに見える…

確かに「教えてあげたい」という勢いは伝わるのですが、その文体では「教えてあげたい」ではなく、「教えてやるぜ!バカどもめ!」と言わんばかりに見えてしまうのです。

もしかしたら、本当に読者を「バカどもめ!」と思ってるんじゃないのだろうか?とすら思えるほど(笑)

でも、「偉い」と「偉そう」は別物です。

「偉い」と人に思われる人は、決して偉そうぶりません。逆に「偉そう」に見せる人は、人から「偉い」とはなぜか言われませんよね。

気持ちの中で「教えてやってる」「気付かせてやろう」といった気持ちがあれば、おのずと文章にもそういった気持ちがにじみ出ています。

それを読者が感じ取ってしまうのでしょうね。

◆語尾にちょっと気を配ってみよう

もし、偉そうぶっているわけじゃないのに、文体で読者に「この人偉そう」と思われてしまったら、それはとてももったいないことです。

どこで一番それを感じるかと言うと語尾

「~である」「~すべきではない」「~なのだ」という、「である」調の語尾は文章を締める効果がありますが、ずっとこの調子だと高圧的に感じられやすいです。

それが、「偉そうだ」と人柄まで判断されてしまうひとつの原因ともなります。

見直しのときに、語尾に気をつけてチェックしてみてください。

 

「人に教える」立場の方のブログはやっぱり「教える」ネタが多いです。

「教える」立場でも、全然高圧的ではなく、好感が持てて「教えてくれてありがとう!」という気持ちにすらさせてくれるような文章を書きたいですね♪

 

次回は、「教える」記事を書くときに意識しておきたいポイントをお伝えしますね。

文体とこれを変えることで、ガラリと印象が変わりますよ。

 

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね ! しよう




ABOUTこの記事をかいた人

月野るな

View Cafe編集長の月野るなです。 くつろげるCafeのような空間を作り、そしてその空間で「欲しい情報」・「役に立つ情報」・「ネタになる情報」などを厳選し、安心して読んでいただける情報を提供していきます。